I'm Rider
  I'm Rider >> Other >> Bike de カルトQ
Voice
あなたにとってのバイク
ツーリングの想い出
あなたの夢は?
乗ろうと思ったきっかけ
バイク初めて物語り
ちょっとしたミスさ!
Rider's Episode
Garage
ライダーインプレッション
私のバイクの選択基準
バイクを手に入れた時
あなたは,どちら派?
Q&A
誰だって最初は初心者だった
交差点のバレリーナ
Think
ライダーの視点から
自己(事故)防衛
ピースサインについて
Link
Workshop 2&4
相互リンクサイト
Other
Bike de カルトQ
Rider's gallery
Mailing List
T.R.C.N
Footmark
Last UP Date

日本の名車 (薄れいく記憶と歴史の中から)

Bike de カルト Q
 知らなくても恥じゃない。知っていても自慢にはならない。でも,知らないよりは知っている方が良いじゃないか! カルトな問題であなたに挑戦!
ゴールまでたどりつけたってなにもでません。しかし,これを知れば酒の肴にはなるかもね。(^_^)v

 注:ヒントは出ませんが,選択問題(全10問)なので根気さえあれば必ずゴールにたどり着けます。(^_^;)

No.1 日本のバイクが生まれた時代から,戦後の混乱期に多くのメーカーがしのぎを削った時代。
一説によると最盛期は,150社以上のメーカーがあったとか。(^_^;)
 バイク誕生〜1960年 

No.2 今では当たり前の装備,技術でも初めて採用という時が必ずあったはず。
とかく日本人は初ものに弱いもの,国産モデルの「世界初」「市販車初」「国内初」を集めてみました。
 1961〜1991年

No.3
  
No.4
日本のバイクが品質,性能どれをとっても世界に誇れるようになった時代。
個性的なバイクが多数生まれた時代,その時代の一部をまとめてみました。
 1950年代後半〜1980年 その1
 1950年代後半〜1980年 その2

No.5
  
No.6
各メーカーが次々と新しい技術を生み出し,そして多くのバイクが生まれました。
ある意味では,この時期のバイクはそれぞれが個性的であり,そして魅力的だったと思います。今から8〜15年近く前になりますが,この時代のバイクはまだまだ街で見かけることができます。あなたが憧れたバイクが問題になっているかも。(^_^)
 1980年〜1990年 その1
 1980年〜1990年 その2

No.7
  
No.8

番外編

 これこそ「バイクDEカルトQ」にふさわしい問題ではないかと思い作ってみました。(^_^;)
 これまで,世代が若い方にはハンディがある問題が多かった「バイクDEカルトQ」ですが,メカニズム編 2では年齢に関係なく答えられる?問題を集めました。もう「世代が違うから分からない!」とは言わせないよ。(^_-)-☆
 メカニズム編 1
 メカニズム編 2



 残念ながらリタイアされた方からのコメント。
  • もう許してって感じです。
  • いや〜難しいですな・・・
  • 奥が深いんですね。雑学好きとしてはたまりません。
  • 難しかったです。まだまだ勉強不足です・・
  • 最高!!

Home
Copyright (C) 1997-2016 All Rights Reserved by Tak34
参考文献
「日本のオートバイの歴史」 三樹書房
「モーターサイクルの歴史」 山海堂
「オートバイ」 モーターマガジン社
「モーターサイクリスト」 八重洲出版








I'm RiderI'm Riderは、Tak34が個人で運営しています。したがって、当Webへのリンクは、「事前の問い合わせ」をしていただく必要はありませんが、http://www.takibi.org/rider/ にしていただけるようお願いします。なお、ホームページ内の記事・画像の無断複製、転載を禁じます。
Since 20 July 1997
mailProduce by Tak34
ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと Workshop 2&4