ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
 Bike de ふらっと >> ツーリングを楽しむための寄り道情報 >> 近畿 >> 大阪

小麦粉からMyチキンラーメンを! (1)

Tak34
手作りラーメン日本人の誰もが知っている『インスタントラーメン』ですが、『インスタントラーメン』といえば多くの人が真っ先に浮かぶのが日清食品(株)の『チキンラーメン』ではないでしょうか。このチキンラーメンの誕生は1958年(昭和33年)ですから、今年(2003年)で45年間発売されているのですから『定番商品』といっても差し支えはないでしょう。

この『チキンラーメン』を自分で作れる、言い方を変えれば「世界でたった一つのチキンラーメンを作れる」と聞き、大阪府池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」(以下、発明記念館)へと行っていました。

「チキンラーメンを作る?」と思った方は、右写真をよく見て下さい。「手づくりチキンラーメン」と書いているでしょ。本当は、All About Japanのステッカーが貼ってある白い部分に自分で絵を描くのですが、絵心のない私はステッカーを貼っちゃいましたが、それでも市販されていないんだからオリジナルですよ(笑)。

この「手づくりチキンラーメン」は、発明記念館の『インスタントラーメン 手づくり体験コーナー』(以下、手づくり体験)で体験できるのです。しかも300円とリーズナブルな料金の上に、最後に自分で作った「手づくりチキンラーメン」と市販のチキンラーメン、カップヌードルをおみやげにもらえるので、絶対にお得な「体験教室」だと思いませんか。では、詳しくご紹介しましょう。

インスタントラーメンの歴史に触れる
パネルと自動販売機インスタントラーメン発祥の地である大阪府池田市に造られたこの「インスタントラーメン発明記念館」ですが、規模としてはさほど大きくはありません。

そして、この発明記念館は、日清食品の製品しか展示してありません。そして、パネルやマルチビジョンによる説明がメインで、後はカップヌードルの発売当時の自動販売機やインスタントラーメンの生みの親である安藤 百福(あんどう ももふく)氏の『研究小屋』の再現などで、興味のない人には物足りないかもしれません。

「手づくりチキンラーメン」をメインに考えている人には、このスペースは無料なので特に問題はないでしょう。

思い出のパッケージ
インスタントラーメン・ウェーブ展示ホールの中の壁に、同社の創業時からの商品のパッケージがずらりと並んでいます。私は、この『インスタントラーメン・ウェーブ』がとても気に入りました。

同社の製品だけとはいえ、他にも馴染みのある製品のパッケージを見ていると、「そう言えば、こいつはスキー場で食べた」、「これは食べたことがない」等のラーメンにまつわる事をいろいろ思い出せて楽しめました。

発明記念館を展示館としてではなく、自分の持つインスタントラーメンにまつわる思い出と共に見ていると、私のように楽しめるのではないかと思います。

手づくり体験は、この一階の展示ホールの上、二階の「イベントホール」で行われます。後で詳しく書きますが、予約制なので、私のように展示ホールで時間を潰すもよし、手づくり体験開始のギリギリに訪れるもよしだとは思いますが、手づくり体験は時間厳守なのでご注意下さいね。

では、次のページで手づくり体験を紹介します。

DATA 2003年11月
TOP
Index
NEXT
北海道・東北 ▼ 関東 ▼ 信越・北陸 ▼ 東海 ▼ 近畿 ▼ 中国 ▼ 四国 ▼ 九州・沖縄

ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory