ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
 Bike de ふらっと >> ツーリングを楽しむための寄り道情報 >> 信越・北陸 >> 長野

見ごろの時期には300万輪のゆりが咲く!


Tak34

信州八ヶ岳 富士見高原ゆりの里信州で「見ごろの時期には300万輪のゆりが咲くところがある」という話を聞き、調べてみると2004年のオープンは7月16日(金)とのこと。話半分に考えても想像もできない(見たことがない)数なので、実際に7月18日(日)に見に行ってみました。

私が訪れたその場所は、長野県諏訪郡富士見町にある「信州八ヶ岳 富士見高原ゆりの里」(N35°55′22.5″/E138°18′26.5″WGS84)です。冬はスキー場で、夏の時期には30cm間隔で植えられたゆり約70万株、300万輪が咲き誇るとのことです。入園料、大人1,000円を払って中へ入ってみると、3つのエリアに分かれていましたので、そのエリア毎に紹介します。
■ ロマンスゆり園
白樺林間ゆり園
展望ゆり園
そば処 花鳥野
アクセス等
白樺林と色とりどりのゆりの競演

ロマンスゆり園

ロマンスゆり園の順路入り口を入り、最初に目に飛び込んでくるのが「ロマンスゆり園」と呼ばれるエリア。スキー場でいえば、初心者コースでしょう。緩やかな傾斜の敷地内に黄色いゆりが咲き誇っていました。まずは、このロマンスゆり園の順路歩いて降りていくことになります。

ツーリング中(バイクに乗る人)にとって、歩いて広い敷地をブーツで歩くことは苦痛になる場合があります。しかし、順路にはチップが敷いてある(右下写真)ので歩きやすくなっています。なお、スキー場なので歩く距離もけっこうな距離になるのでブーツでなくてもこの配慮は歓迎です。

ロマンスゆり園およそ30cm間隔で植えられたゆり、そして面積はかなりのものです。しかし、入り口は少しピンクのゆりなどが混ざっていましたが、黄色ばかりで少々単調だなと思っていました。傾斜の一番下まで行った際に係の人が話しかけてくれたので聞いたところ、まだ5分咲きでこれから赤色系、白色系のゆりが順々に咲くのだとのことでした。

そして、このロマンスゆり園に関しては、8月に入ってからが見頃だそうです。確かに花の数よりつぼみの方が多かったので、私が訪れたのが早すぎたのでしょう。少しガッカリしていると、係の人から次の「白樺林間ゆり園は見頃ですから是非とも行ってください」とフォローが入りました。

「同じ色ばかり見ていても...」と期待半分で、奥へと進むと驚くような光景が。次のページでは、色とりどりのゆりをご覧いただけます。

※ 注:本文は、2004年7月時点で情報を整理したものです。
TOP
BACK
Index
NEXT
北海道・東北 ▼ 関東 ▼ 信越・北陸 ▼ 東海 ▼ 近畿 ▼ 中国 ▼ 四国 ▼ 九州・沖縄

ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory