ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと >> 旅(ツーリング)を楽しむ方法 >> マスツーリング入門 >> マスツーリングでの走る順番

7. マスツーリングでの走る順番は?

(3) 2番目のポジション

このポジションは、いろいろな考え方がありますので一概には言えないのですが、主立ったケースを考えてみましょう。

先頭が道に不慣れな場合

本来、先頭に立つ人がコースを把握している事が理想なのですが、全体を統率する事ができる人がコースを知らない場合やコースに自信がない場合は、このポジションに補佐役として走るコースをよく知っている人が付くことになるでしょう。

ビギナーがいる場合

ビギナー・小排気量マスツーリング・デビューやビギナーのライダーがいる場合は、このポジションを走るのがいいでしょう。理由は、先頭がペース配分をする際に、真後ろの人に合わせることが一番確実だからです。

先頭は、自分のペースで走れますが、前のライダーに付いていく場合(速度を合わせる場合)は、どうしてもワンテンポ遅れることになります。これは、後ろへ行くほど顕著になりますので、先頭は全ての人が無理なく加速できる速度を考えるよりも、真後ろの人に加速などを合わるほうが楽だし、ビギナーも自分がペースを合わせるよりも合わせてもらう方が楽だからです。

なお、この場合、ビギナーの後ろ(3番目)は、ビギナーをフォローできるような人(面倒見のいい人)が走るとなおいいでしょう。

ビギナーが複数名いる場合

台数が増えると、ビギナーの数も増えてくると思われます。この場合、ビギナーをサポートする人を分ける方がいいと思います。例えば、2番目にビギナーを走ってもらえば、次にベテラン(面倒見のいい人)、そして再びビギナーといった順番です。

この場合、ビギナーの真ん中に入った人は大変ですが、もし信号待ちなどで分断された場合、ベテランは臨機応変に臨時の先頭に立ち、ビギナーがライディングに集中できるようにベテランがペースメーカーとして走ることができるからです。

TOP
BACK Index NEXT
Copyright (C) 2005-2011 All Rights Reserved by Tak34
ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory