ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと >> 旅(ツーリング)を楽しむ方法 >> マスツーリング入門 >> マスツーリング計画時の注意点

4. 計画を立てる際の注意点

それでは、実際にマスツーリングに行く際のことを想定して、まず計画を立てる際に注意すべき点を考てみましょう。

(1) 雨への対処法

雨の中、交差点にてマスツーリングに限らずツーリングは雨が降ると楽しくありませんし、危険も増します。一人でツーリングに行くのであれば、予定変更は簡単です。しかし、複数の人と一緒に行くのであれば、雨の場合は中止にするのか、決行するのかを予め決めておかなければいけません。

2〜3人程度なら電話で連絡を取り合えば済みますが、4人以上で、しかも近所に住んでいない場合だと、ツーリング当日の朝の天候が違うことも多々あります。

私の場合ですと、4府県くらいの範囲の人が何処かへ集合してマスツーリングに行くことが多いので、前日21時の天気予報の『降水確率』を目安にしています。例えば、「30%以下の降水確率であれば行く」、「40%を越えたら中止」などです。

この時に注意しなければいけないのは、天気予報の時間です。可能な限りギリギリが望ましいのですが、朝早く出発しなければいけない人もいるでしょうから、21時くらいの天気予報がベストではないでしょうか。なお、宿を予約してある場合は、前日のキャンセルは難しいので決行することになるでしょう。その場合には、無理のないコース(時間配分)に変更するなどで対処するしかないでしょう。

(2) 目的地の決定

マスツーリングで一番頭を悩ますのが目的地の決定です。人数が増えれば増えるほど好みが分かれてきます。「誰か(リーダー?)が決めればそれでいい!」というのは簡単ですが、回数を重ねるたびに選択肢が減りますし、何よりもリーダーの負担が多くなるので、みんなで意見を出し合って考えるようにする方がいいでしょう。

桃を見るためのツーリングなお、毎回違うところへ行くのも一つですが、同じ場所でも季節が変われば趣も変わることが多いので、「今回は桃の花見」というようにテーマを決めるのもいいでしょうし、いつも同じメンバーで行くのであれば、順番に考えるのもいいでしょう。

マスツーリングの場合、距離を走ることや目的地よりも、他の人と一緒に走ることが主目的ですから、欲張った計画を立てるとうまくいかないことが多いと思いますので、ソロツーリングですと少し物足りないくらいの距離で計画する方がいいでしょう。

私の場合ですと、目的地の決定にはまず参加メンバーのレベルを優先します。初心者の人がいる場合は、その人が無理なく走れる距離の範囲内であること。参加者の中の最遠距離の人が無理なく走りきれる距離であることなどです。

厳密な規定はありませんが、多くの人が無理なく楽しめることを考えた場合、1日の走行距離が参加者全員が自宅から300km以内の走行で済むような目的地がいいと思います。ツーリングは、自宅まで帰り着くまでがツーリングですから、目的地が優先されるのではなく、メンバー全員が無事に帰宅できるような目的地の選定が大切です。
TOP
BACK Index NEXT
Copyright (C) 2005-2011 All Rights Reserved by Tak34
ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory