ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと >> 旅(ツーリング)を楽しむ方法 >> マスツーリング入門 >> マスツーリングってなに?

1. マスツーリングってなに?

マスツーリング『マス』(mass)とは、「集団」、「大量」という意味合いがあり、『マスツーリング』は複数の人数で行くツーリングのことをいいます。何台いれば『マスツーリング』と呼ぶという厳密な定義はなく、2台でも走っている人達がそう思えばマスツーリングと言ってもいいと思います。

時として、多くの台数がまるで競争するかのように順序を入れ替え、秩序無く走っているグループも見受けられますが、これは単に目的地を共通とするツーリングの延長だと個人的には思っていますが、本人達が「マスツーリングである」と思っている場合は、マスツーリングと呼んでもいいのでしょう。

大切なのは、走っている間、一緒に走っている人との連携、共通の目的、チームワークを意識しているかどうかではないでしょうか。もちろん、そんなに堅苦しく考えなくてもいいとは思いますけれども、他人と一緒に走ることを楽しむ気持ちが一番大切でしょう。

2. マスツーリングで大切なこと

排気量の混在初心者の人が初めてマスツーリングをした時に、「もう二度と他人とは一緒に走りたくない!」と思うことがあるようです。

理由を聞いてみると、「みんなのペースが速すぎて付いていくだけで疲れた」、「初心者が自分一人だけだったので、気を遣って疲れた」だそうです。

マスツーリングは、集団で走ることからどうしても自分のペースで走れることは少なくなります。仮に同じ排気量の者同士のツーリングでも、ライダーそれぞれにテクニック、楽しい(快適な)速度が異なります。

小排気量ましてや、ベテランと初心者では疲れ方も違ってきますし、排気量が混在していると小排気量の方が大排気量の人と同じペースで走るのは疲れます。

マスツーリングで一番大切なことは、「相手を思いやる気持ち」です。この気持ちをみんなが持たないと、楽しいはずのマスツーリングが苦痛だけの物になります。リーダーに位置する人だけが、初心者や小排気量の方のことを心配していても、他の人が同じ気配りを持たなければ同じ結果になりますので注意が必要です。

最初のマスツーリングが苦痛で終わると、その人にとってのマスツーリングは辛いだけのものになります。全ての人が思い思いの速度(加速)で走ることは不可能ですから、初心者の人が「楽しかったので、また一緒に走りたい」と笑って言えるようなツーリングになるように周りが気を遣ってあげることが大切です。そのためには、ベテランが我慢することも時として必要になるのがマスツーリングといえるでしょう。
TOP
BACK Index NEXT
Copyright (C) 2005-2011 All Rights Reserved by Tak34
ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory