ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと(Touring Memorial) >> ツーリングの思い出(ツーリング記)

北海道ツーリング2000(7月20日〜24日)

あきら

7月20日
AM02:50、青森出向のフェリーに乗る。
AM06:50、函館着、霧雨の為レインウェアを着こんでのスタート。
AM10:00、国道5号を進行中、ニセコ周辺から晴れてきたので道の駅で休憩をとると共に、レインウェアを脱ぐ。
PM12:10、小樽に到着、まずはYSP小樽に立ち寄りYSPのステッカーを
獲得する。 次に、マイカル小樽に行き観光、3時間ほど見て歩いたがそれでも半分くらいしか見ることができなかった。
PM03:00、小樽運河の近くにあるビジネスホテルにチェクインする。 ホテルから歩いて小樽運河を観光する、運河沿いにある倉庫は5〜6軒ほどあり1軒は骨董品店、1軒はお土産、海産物の販売店、あとは全て料理店であった。
当日走行距離:262キロメートル

7月21日
AM09:00、小樽を出発、路面が濡れていたのでレインウェアを着こんで札幌を目指す。
AM10:00、YSP札幌西に到着、ステッカーを獲得。
AM11:00、YSP札幌東に到着、ステッカーを獲得。
PM01:30、苫小牧通過、襟裳岬方面を目指す。
静内のあたりから晴れてきたのでレインウェアを脱ぐ。
PM05:00、三石の道の駅に到着、食事をとる、ここで知り合ったチャリダーから浦河にライダーズハウスがあると聞き浦河を目指し出発。
PM07:20、浦河に到着、ライダーズハウスはすでに満杯の為、山の方にある農作業の為の事務所みたいなところに連れて行かれる、そこには私の他に関西の男2人組と関東の男女2人組との5人で寝ることになった。
当日走行距離:312キロメートル
総合走行距離:574キロメートル

7月22日
AM08:00、浦河を出発。
AM10:00、襟裳岬に到着、襟裳岬には今回で4回目だが4回とも霧の襟裳岬だった、「岬観光」というお店で「名物塩ラーメン」を食べて活きたらば蟹を2.1キログラムを8000円で購入、さっそく茹でてもらい箱積めしSRXのリヤに積みこみ芽室町を目指し出発。
中札内から道道55号に入り「いかにも北海道!」らしい道を進む。
PM03:00、芽室町の知人の家に到着、蟹と焼肉で晩飯にする。
当日走行距離:190キロメートル
総合走行距離:770キロメートル

7月23日
この日は知人と車で観光に出かける、午前中はブリュック王国を観光、お昼は中札内にある「中札内美術村」にあるレストランで食事をとる、私はドライカレーとポテトスープと野菜サラダを食べる、ポテトスープは甘味がありとてもおいしかった、この「中札内美術村」はお菓子で有名な「六花亭」が企画運営しているところで、国道236号沿いにあるので解りやすいです。
午後は休養の為知人の家でおとなしくしている。

7月24日
AM06:30、青森に帰る為の帰路につく、朝型の雨の為路面が濡れていた為レインウェアを着こんでの出発である。
AM08:50、夕張ICから高速道路に乗る、晴れてきたのでキウスPAでレインウェアを脱ぐ。
AM11:00、災害による通行止めの為伊達ICで高速道路を降りる。
有珠山の噴煙を見に行く、見ている最中にもヘルメットに「コツッ、コツッ」となにやら小さな噴石みたいのが当たってくる、火山活動というのを間近えみたような気がする。
PM01:00、長万部を通過。
PM04:00、函館に到着、YSP函館に立ち寄りステッカーを獲得する、これにより北海道のYSPのステッカーは全て集めたことになる、その後フェリーターミナルで食事をとる。
PM05:30、フェリーに乗り函館を後にする。
PM09:10、青森に到着、10分後我が家に無事到着。
当日走行距離:500キロメートル
総合走行距離:1270キロメートル
TOP
Index



ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory