ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと(Touring Memorial) >> ツーリングの思い出(ツーリング記)

アプリリアRS250で熊本〜群馬を広島まではスティードと共に

あぷりりあ

 大分から広島まで本当はフェリーだったのに僕のイタコーは予定日の前日に止まってしまった。幸い次の日になおったのだがフェリーには間に合わず次ぎの日にするはずだった〜が!

 夜中の2時,何を思ったのか出発してしまった。当然バイクの違いから高速には乗れず国道をえらんだ。出発して500メートル、STのテールランプがついていない、応急処置で点灯ながらも何度も止りながら走っていた。

 順調だなと思っていた次の瞬間、僕にめがけてなにかが飛んできた。STのパーツだと分かると僕はトラックめがけ走り出した。
 一睡もせず、観光をしながら、夕方5時に山口県萩市のユースについた。2時間程眠った後、3時までみんなと話し込んでしまった。

 次の日観光をして2時30分はぎを出発、いざ広島へ!
 と思ったらすぐ近くの秋吉ユースにいた。
 最終的に広島でSTと別れ東京に着いたときには残金500円、しかも渋谷でまたもやオンボロバイクは止まってしまった。群馬について僕も一週間疲れがとれなかった。それでも毎日山にいったけれども。
 やっぱりツーリングのバイクは考えるべきですね!

夕立の間の雨やどりに「ゴン!グシャ!」さようならアプリリア

あぷりりあ

群馬からの友人が1年ぶりに来ていた。天気は悪っかたが阿蘇の草千里にいた。

夕立が来たのでレストハウス入り口で雨宿りをしていると一台のトラックがバックしている。そのトラックはひたすら下がる2台のバイクに引き寄せられるように。「あいつ後ろ見てないよダイジョブかな。」と思っているのもつかの間「ゴン!グシャ!」
僕が走っていくとそれは無人トラックであった。なのになぜ俺のバイクの方にハンドルが?9Rはかすり傷なし、アプリリアはさようなら。

なんてあっけない最後なのか。僕は途方に暮れました。
TOP
Index



ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory