ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと(Touring Memorial) >> ツーリングの思い出(ツーリング記)

「夢限界R」 ものずき三人衆 / Tボーンステーキに釣られて厳冬を走る (1)

夢限界R 小野

[日 時] 1998年2月1日(日曜) 9:30 〜 16:00 曇り
[参加者] 小野(GB250)  西谷(DT230 LANZA)  中井(RF900R) 
[行き先] 広島県三和(さんわ)町のステーキハウス「シャンカワカーン」
[距 離] 157Km


今年は,林道部長が1月からオフコースを借りての走行会を打ち上げ,盛り上げてくれたので冬眠し損ねてしまった。しかし,このイベントは雨で見事に流れた。このことに不満が残り,それならオンで美味いものを食べに行こうと考えたのが今回のコースだ。


今日は大丈夫?

 今回のツーリングは,本来は先週に行く予定にしていたものだ。ただ,先週の天気は良かったが,冷え込みが厳しく氷の厚さを見て行くのを断念したのだ。
 その時には,こんな時期にもかかわらず7人程の参加が見込まれていたが,今回は現地集合を含めた3人と寂しい人数になった。

 今日の天候は,晴れのち曇りの予報だが,すでに朝から曇っている。「大丈夫かなぁ〜?」と思いながら,「氷が張っていないから,まっいいかぁ」と思い直して集合場所の一番館に向かった。
 集合場所に着くと,一緒に行くリベロ西谷君がすでに待っていた。彼に,今日は3人だけで,アミーゴ中井は別ルートで現地集合をすることを伝えた。2人だけなので,定刻の9時30分に出発する。


いつもと違う

 例年行っている8月の早朝ツーリングで走り慣れた道を,弥高山に向かって走る。美星町を過ぎて川上町に入った時,313号線沿いの山影の杉がうっすらと白くなっているのに気付いた。「あれはなんだろう?」と訝る。倉敷の今日の最低気温は1度だが,この辺りは標高が高いから霜が降りているんだと気付く。今まで,道路の濡れは気にならなかったが,このことで凍結があるかも知れないと思い,気を引き締めて走ることにした。

 ところどころに出てくる,濡れた路面に「ドキッ!」としながら弥高山を上ってレストハウスまで行くと,白いドームが2人を迎えてくれた。なんとそれは,雪の“かまくら”だった。「冷え〜っ!」。

 缶コーヒーを飲みながら,ここまでを振り返って見る。走りの方は,おおむね満足できるものであった。しかし,風景は,木々の葉がすっかり落ちてしまって山が透けて見え,夏と同じところを走って来たんだという気がしなかったなぁ。
TOP
/ 1/ 2/ 3/ 4/ 5/
NEXT
Index



ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory