ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと(Touring Memorial) >> ツーリングの思い出(ツーリング記)

ただ走るだけだったツーリングが......

Tak34

今年は,暖冬で本当にお正月なんだろうかと思ってしまう様な暖かい?1月2日の夜に嫁さんが,「今年は,暖かいね。せっかくだからどこかへ行ってきたら」と言ってくれた。田舎に住む身の上では,世間のように「お正月だ! 海外旅行へ行こう。」と言うわけにはいかず,年始の挨拶等いろいろあって我が家はどこへも出かけられない。お金がないのも理由だったりするけど。(^_^;)

 そんな正月の行事も2日までで終わり,3日だけは唯一ゆっくり出来る日。嫁さんの一言で「じゃあ,ツーリングにでも行ってくるわ」と出かける気になった。で,どこへ行くかだが,ソロツーリングだから別に決める必要もない。毎度の事ながら出発間際に決めればいいかとお気楽に考え,当日。

 前日の深夜にホームページのメンテナンスをしていたので起きたのが8時。じゃあ,9時から出発するかとお気楽に考える。

 嫁さん:「聞くだけ無駄だとは思うけど〜,今日はどこへ行く予定なの?」
 私  :「ははは......」
 嫁さん:「はいはい,聞くだけ野暮でしたね。どうせ何も考えていないんでしょ。」

 と言うわけで,「暗くなるまでに帰って来るんですよ。」と子供のように送り出され。と言うのは冗談で,嫁さんと子供に「気を付けてね。」と見送られ出発。ちなみに中3の息子からは「受験生を持つ親とは思えないよな。」と送り出される。遊びに行くのに見送られるのは我が家だけかも。(^_^;)

 家を出たのはいいがまだ行き先も決めていない。とりあえず西に行くか,東に行くかだけ決める。と言っても車の流れや石山寺(オートバイ誌1月号に載っているが紫式部が源氏物語を書いたと言われている寺)の駐車場を見てお正月の混雑状況を見る。特に混雑しているようには見えない。じゃあ,次は琵琶湖の下,瀬田川を渡る名神の橋を見てみる。気持ち西向きが混雑しているようだがそれも特に渋滞しているようには見えない。こうなると困った。混んだところが嫌いなのでそれを避けたいが特に決め手となるものがない。西に向くと京都市内を横断することになるし,初詣客で混んでいるかも知れないなと自分に言い聞かせ,とりあえず東を向くことにした。

 東と言っても国道1号からと8号を決めることになるが,湖周道路と言って琵琶湖岸に沿って走っている道を行くことに決定する。すると,琵琶湖の冬の名物「霧」がすごい。家を出たときは視界100mはあったのに,50m以下まで落ちてきた。時間からすればもう霧が晴れても言い時間なのに..... 「こういう日は,お天気は最高なんだからペースを落として霧が晴れるのをまとう」と安全な速度まで落とす。

 対抗から来る車でヘッドライトをつけていない馬鹿なドライバーが多い。「視界50mなんだから対車に自分の存在をアピールしないと事故につながるのも分からないのか。」と,やけに腹が立つ。バイクは,昼間も「ライトン」と言う風に自分の存在をアピールしていても車がこういう姿勢では事故は減らないな。(ちなみに自分は,車に乗ってもバイクの感覚で乗るからこういう日はライトONする。)
TOP
/ 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 6/ 7/
NEXT
Index



ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory