ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと >> Tak34の思いつくがままに >> クシタニ『カントリージーンズ』(EXPLORER EX413)インプレッション

クシタニ『カントリージーンズ』(EXPLORER EX413)インプレッション

EXPLORER EX413右写真のジーンズは、一見すると何の変哲もないジーンズに見えますが、じつは革製品なのです。実物を間近で見ても、おそらく誰も「革のジーンズなんです」と言わなければ気が付かないでしょう。

このジーンズ、バイクウェアの老舗であるクシタニが、天然皮革の特徴をそのままに、デニムやジーンズの風合いに仕上げた『カントリージーンズ EXPLORER EX413』(以下、カントリージーンズ)です。

2003年6月、北海道ツーリングへ行く前、クシタニ京都店を訪れた際に、雑談の中で「北海道へ行く時、荷物をいかに減らすかが頭の痛いところです」と話していたら、店長が「この時期に北海道へ行くなら、このジーンズ一つあれば大丈夫ですよ!」と熱心に薦めてくれました。

正直なところ、この時点では「革パンじゃないと、長距離ツーリングは嫌だけど、いつも使っているのだと膝カップなどが入っていて、観光地を歩いている時やフェリーでは周りから浮いてしまう。これだと、フェリーや宿での着替えのジーンズを持っていかなくてすむから便利かな?」という軽い気持ちでした。ところが、使ってみると意外といっては失礼かもしれませんが、「これは悪くない、思っていた以上だ」と思える点が多くありました。

しかも、時間が経つにつれ身体に馴染んできて、ライディングパンツよりも着心地がいいのです。「いかにもバイク用ですよ!という革パンは嫌だけど、革パンが欲しい」と思っているには、こういうのもいいのじゃないかなと思えてきました。そこで、この『カントリージーンズ』、私が北海道ツーリングで感じたことをまとめてみました。

今回のインプレッションでの使用環境

北海道にて今回、この『カントリージーンズ』を使用したのは、関西から台風の影響による雨の中で、青森県までの高速道路移動、そして北海道での実質7日間のツーリングで、全走行距離約4,600km(帰路はフェリー)です。そして、気温は、最高気温25℃から、最低気温5℃以下(根室での日没と興部での夜明け前)でした。

以上のことから、およそ普通のライダーが春から秋にかけて走る距離、温度差を短期間で体験してきましたので、ウェアのインプレッションとしてはそれなりの条件ではないかと思います。

なお、私は万が一の時(転倒時)ため、すね(素肌)に「すねパット」は着けていましたが、ズボン下は使用しない状態でで使用しました。
TOP
/ 1 / 2 / 3/ 4/
Index NEXT
※ 注:本文は、2003年6月時点で情報を整理したものです。
ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory

Tak34の主観的な評価情報、ならびに過去の経験などを元に作成しております。掲載以降時間の経過による変化等が発生しますので、文章(情報)内容の正確性に関していかなる保証も行えませんことをご理解ください。