ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
Bike de ふらっと >> Tak34の思いつくがままに >> No.4 (08 Mar. 2005)

鳴門海峡のうず潮を見るツーリング

大鳴門橋遊歩道 渦の道

お茶園展望台からみる大鳴門橋鳴門のうず潮を見る方法として、遊覧船以外には大鳴門橋の道路部分の下(写真の黄色い枠内)にある遊歩道(有料)を使うという方法があります。

この遊歩道は、『大鳴門橋遊歩道 渦の道』といい、右写真の黄色の部分(橋の道路部分の下)のことで、車が走っている橋の道路部分の下に遊歩道があるのです。その遊歩道を使って、写真の赤丸の部分にある展望室へ行けば、そこから眼下にうず潮を見ることができるのです。

渦の道と展望室

大鳴門橋遊歩道 渦の道
大鳴門橋遊歩道 渦の道
『渦の道』は右写真のように、鳴門大橋補剛桁の空間に設置された遊歩道(「渦の道」といいます)なのです。この遊歩道(上写真黄枠)を450m歩けば、展望室(上写真赤丸地点)へと行けます。

通路の両側は金網(下約50cmはガラス)ですから潮風を浴びながら歩くのも楽しいものです。そして、途中4箇所に休憩スペースがあり、海側にやや張り出したガラスの眺望スペースと反対に休憩用のベンチ、そしてガラス床(写真下左)があります。このガラス床(畳1枚分)の上を歩くと、海面まで約45mですから空中散歩の気分が楽しめます。
展望室
そして展望室は、桁空間いっぱいを利用した回遊式になっており、窓越しとガラス床から渦を見ることができます。遊覧船に乗って間近にみる渦に比べると迫力は欠けますが、お手軽さではこちらが上です。
TOP
/ 1/ 2/ 3/ 4/
BACK 
Index NEXT
ツーリング情報サイト:Bike de ふらっと
ツーリング・コース 寄り道の情報 食事の情報 温泉の情報
宿泊の情報 季節限定の情報 旅を楽しむ方法 旅の思い出
おすすめのグッズ 旅の写真館 Tak34のコラム
Riders cafe. Q&A BBS   ブログ:From memory

Tak34の主観的な評価情報、ならびに過去の経験などを元に作成しております。掲載以降時間の経過による変化等が発生しますので、文章(情報)内容の正確性に関していかなる保証も行えませんことをご理解ください。